トピックス

平成30年度 新入社員集合研修レポート

今年度は4名の新人さんを迎え、4月から約2ヶ月間、新入社員集合研修が行われました。
新人のNさん、Kさん、Mさん、Yさん、講師を担当した社員に研修を終えての感想をお聴きしました。
──2ヶ月の研修を終えての感想をお願いします。
Nさん:2ヶ月は結構長いと思っていましたが、気付いたら終わっていて、あっという間でした。
難しい事もあり苦労した部分もありましたが、全体的には楽しかったという想いがあります。
Kさん:最初の1ヶ月と後半の1ヶ月でやる内容が変わりましたが、あっという間に過ぎていた感覚があります。
後半は技術的な研修で悩んだ事もありましたが、同期同士で教えあったりする事が出来たので、そういう面でも成長できたかなと思います。
Mさん:学ぶ事が多く大変でしたがあっという間でした。
Nさんは、いつも食事に付き合ってくれるし、Yさんは他愛も無い事とか喋り掛けてもちゃんと返してくれる(笑)、
Kさんは見ていて楽しい人で、4人で楽しく過せたのであっと言う間だったのかなという想いがあります。
Yさん:本当にあっという間で、5月の後半になると「もう終わるんだ...。」という気持ちになるくらいあっという間でした。
講師の皆さんも分からなかったら何でも聞いてと仰って下さったり、 質問をしたら逆に「ありがとう」と言って下さったり、
ありがとうカードを講師の方が書いて下さる事もあって嬉しかったです。
──研修で苦労した点は?
Nさん:覚える事が凄く多く、始めてみる語句もあって覚えることだらけで苦労しました。
JavaやSQLの複雑な問題問題を解く時に、構造や動作をイメージするのに苦労しました。
Kさん:Javaのアルゴリズムの考え方です。
私のアルゴリズムと他の3人のアルゴリズムが異なる事が多く、 答えは一緒でもそこに導くまでの順路の書き方は色々あるんだなぁ―と。
世界は広いんだなと思いながら勉強しました。
Mさん:Javaでオブジェクト指向という考え方を理解するのが一番難しかったです。
Yさん:Javaのアルゴリズムに苦労しました。
問題文を見て、どういう指示(コード)を書いたらその答えに辿り着けるのかが思い浮かばず、ヒントを頂きながら説きました。
──研修で楽しかった事、面白かった事は何ですか?
Nさん:描いたモノが動く時、エラーも出ずに一発で実行された時は嬉しかったです。
プログラミング未経験でしたが、プログラミングが出来るようになったという成長が嬉しかったです。
Kさん:全部同じぐらいに面白くて、学習も発表会の取組みもチームで皆で努力して出来たのでチームでやっていく事が凄く楽しかったです。
あと、「メソッド」を「メゾット」と思い込んでいて、研修が終わる直前にインターネットで調べていた時に 「もしかして: メソッドでは?」と検索画面に表示されて...。
あ。ずっと勘違いしてたんだ・・と(一同:笑)
Mさん:同期4人で色々と学習していく中でどんどん仲良くなっていったのが楽しかったです。
Yさん:プログラムは未経験だったので、プログラムを実行して、思い通りの結果がでた時が楽しかったです。 「あ。なったー!(動いた)って(笑)」。
──これからの目標、挑戦したい事を教えてください。
Nさん
先ずは日常業務が出来るようになる事、会社の生活に慣れるところから始めて行きたいです。
学んでいく中で得意分野を見つけ、力をつけて行きたいと思います。 いずれは、お客様の所に行って実際に成果を出して感謝されるようになりたいです。
Kさん
お客様と良好な関係を築けるようになりたいと思います。
これから入ってくる後輩にも「素敵な先輩だな。」と思われるような立ち振る舞いが出来るように人としても成長して行きたいです。 同期や、グループという枠を超えて、自分達の得意分野、ノウハウをシェアして行きたいと思っています。
情報共有する中で自分の得意分野を見つけたいと思います。
Mさん
新人に色々バシバシ教えられるくらい、何を聞かれても大丈夫と言える様に知識を蓄えたいです。
得意分野を見つけ「この仕事は任せてください。」と言えるようになりたいと思います。
今度、東京で初めての1人暮らしをするので、それもチャレンジの一つです。頑張りたいと思います。
Yさん
指導している先輩を見ていて思ったのですが、 設定などでつまずいた所があると、すぐメモを取り、来年に生かすためと 方法をまとめていて、そういう先輩の姿を参考に、 先輩社員のように対応力のある人になりたいです。
周りの先輩方の良い部分を沢山見つけて吸収して行きたいと思います。
■研修の後半で講師を担当したWさんにもお話を伺いました。
──研修では何を担当されたのでしょうか?
Wさん:5日間だけでしたが、SQLを担当しました。
──5日間「教える」のは大変だったのではないでしょうか?
Wさん:去年の研修の資料を参考に、昨年の講師の方に相談しながらやりました。初めの2日間は凄く長く感じました。
残りの3日間は・・・みんな良く出来る子達だったので助かりました。本当に(笑)。
昨年入社したWさん、5日間の講師をやり遂げてくれました。もうすっかり「頼れるお姉さん」という雰囲気でした。
■新人研修の後半を担当したHさんに感想を覗いました。
──研修の様子、苦労した点、楽しかった点を教えてください。
4名とも常にスキル向上の意欲を感じていました。
研修開始当初は緊張していたものの、いざマシンを使ってプログラミングを開始すると前のめりになり、学習していく姿が印象に残っています。
この業界は常に進歩し、常に勉強を続けなければならない世界なので、私自身も改めて自己のスキル向上に向けた意欲を掻き立てられました。
プログラムは書いていけば必ず書けるものなので、研修では「考える事」を第一に進めてきました。
思考が止まってしまわないよう質問を繰り返し、考える癖をつけてもらうために、工夫し研修に取り込むようにするのが苦労しましたが、
みなさん吸収が早く、日に日に成長していく姿をみれるのは楽しかったです。 それぞれの個性がうまく調和しており、楽しい空間が広がっていました。
研修が終わりこれから実際のプロジェクトで活躍する事になります。 技術力も人間力も「さらなる高み」に向け、日々精進して行きましょう!

新人の皆さん、講師の皆さん。研修お疲れ様でした。
今年度の新人さん達もチームワークが良く、研修が楽しかったという声を多く聞く事が出来ました。
新人の皆さんの活躍に期待しています!!