トピックス

社員インタビュー ~首都圏で活躍するTさん、Kさん~

chuto01.jpg
左:Kさん 右:Tさん
今回は首都圏事業部で活躍するTさん、Kさんにお話をお聞きしました。
お二人とも中途採用でネクストリンクスの仲間になってくれました。
─前職は何をされていましたか?
Tさん:一番最初は金融で営業をやっていまして、その後IT業界に。前の職場でもSEをやっていました。
Kさん:同じくSEです。
─ネクストリンクスを知ったきっかけは?
Tさん:ネクストリンクス設立前からここの社員の方と一緒のプロジェクトで仕事をしていまして、その縁もあって声を掛けて頂きました。
面白そうな会社だなというのと、経営理念にも共感できるものがあり、新しいフィールドで活躍の場を更に広げたいという思いもあったのでネクストリンクス入社のお話を受けました。
Kさん:転職サイトからのメールでネクストリンクスを知りました。
─ネクストリンクスに「決めた」理由は?
Tさん:出来たばかりの会社なので、会社を大きくして行くやりがいや、活躍の場も広がりそうだなと感じたからです。
また、自分の力を試せそうだなという想いもありました。
Kさん:申し込みをして、一次、二次と面接と受ける中で色々と会社の話を聴いて「面白そうな会社」だと感じたのと、
「しっかりした会社だなぁ」という印象を受けたのが決め手です。
─ご出身はどちらですか?
Tさん:神奈川です。 入社する際に1つ心配だったのが、勤務地が長野県になるのかなというのがありました(笑)。 ネクストリンクスでは首都圏の事業も拡大したいという方針もあり、そのまま東京で勤務をしています。
この会社に入って思ったのは、長野の人(社員)って地元愛が強いなぁと。 長野で働きたいと言う人も多いし、長野から首都圏に来ている人は月に1回ぐらいは帰ります。 私なんて、実家まで1時間弱ですが年に数回しか帰らないです(笑)。 それに比べたら地元愛が強いなぁと感じました。
Kさん:東京です。
─現在の仕事の内容は?
takahashi02.jpg
Tさん:金融機関向けの資産運用管理システムの開発、保守に携わっています。
ユーザーの事務作業の効率化、改善対応、ハード・ソフトウェアの保守期限切れに伴うインフラの更改など幅広く対応しています。
各種案件の担当者として設計からリリースまで担当する一方で、チーム内のメンバーの管理までプレイングマネージャーという形で仕事に携わっています。
Kさん:保険会社の有価証券等を管理するシステムの運用保守を担当しています。
システムのバージョンアップ対応や、頻度は少ないですがシステムの処理に不具合があった場合の調査、対応などを担当しています。
─お二人から見てネクストリンクスの「良いと感じる所」と「悪いと感じる所」を教えてください。
kawamura02.jpg
Tさん:良いところは、自ら率先して、自分で提案した事について「まずはやってみよう」「行動してみよう」というような風土がありますね。 上から一方的に「これをやれ」とか、そういった「やらされ感」というのは殆ど感じないですね。 「新しい価値を創造してゆく」という事に対して前向きな会社だなと感じます。
悪いところは、自分の勤務地は東京で本社が松本と、本社が遠方にあるので、なかなか本社のイベントに参加するのがちょっと難しいなと。 こっち(長野・松本)のメンバーと顔を合わせる機会が少ないので、その辺が悪い・・というか残念なところですかね。
Kさん:良いところは、社員同士であまり壁が無いと思いますね。みんなフレンドリーです。
私は東京勤務で、長野県出身でもないので、こっち(長野・松本)にくる機会は限られているんですが、こっちに来た時に気さくに話しかけてくれるフレンドリーな人が多いと思います。
悪いところは、他のグループの人と接する機会が少ないかなと思います。 会社のイベントに参加できれば接する機会も増えると思うんですが、東京にいるのでなかなか参加できていないです。
─仕事の「やりがい」について教えてください。
Tさん:現場レベルでの「やりがい」で言えば「お客様から必要とされて、潜在需要を引き出したり、納品した成果物に対して感謝の言葉を頂いた時はシステム屋として遣り甲斐を感じます。
会社としての仕事の遣り甲斐と言えば、自発的に行動が起こせるという所と、自分で考えて行動できるというのとそれが実を結んだ時には非常に遣り甲斐を感じますね。
Kさん:前職も同じ業界だったんですけが、 前職では、サーバーの構築やOSのバージョンアップといったインフラ周りの仕事が大半で、アプリケーションや、業務処理を扱うという経験が無かったので そういう点では今やっている事は今まで経験していない事が殆どなので、面白味や遣り甲斐を感じます。
─ネクストリンクスに入社して良かったと思いますか?
Tさん:正直、入って良かったと思います。 以前より楽しく仕事が出来ています。
Kさん:正直、良かったと思います。
─入社(転職)を考えている方にメッセージをお願いします。
takahashi01.jpg
Tさん:
指示を待つようなタイプ(受身の姿勢)ではなく、どんどん自分から「こんな事をやりたい」と提案をしていける会社だと思います。 まだ若い会社なのでクセや派閥みたいなモノもなく伸び伸びとやりたい事に挑戦出来る会社だと思います。
会社が縦社会ではなくてフラットに近い横の組織だというのを感じます。課題や問題など末端の社員の声がトップまで届きやすい会社だと思います。
首都圏で採用されても「長野勤務」になるんじゃないかと不安に思うかも知れませんが、それは無いと思ってます(笑)。
kawamura01.jpg
Kさん:
どうしてネクストリンクスに決めたかというもう1つの理由でもあるんですけど、ずっと都心にいると息が詰まるんですよね。あっ、自分はですけども(笑)。
半期に1回とか、こういうのどかな土地に来て気分転換できるのは1つの利点なのかなと思います。 個人的は帰ってくる機会があれば積極的に帰って来ています。息抜きになると言うのもありますし。 ずっと都心に居て満員電車でぎゅーっとなって、仕事して・・の繰り返しの生活だと息が詰まるだけなのかなと。 だから地方に本体がある会社というのも決め手の1つでした。
以上、中途採用でネクストリンクスの仲間になってくれたお二人にお話をお聞きしました。
Tさんの「長野の人(社員)は地元愛が強い。」というお話が非常に面白かったです。
Kさんが入社を決めた理由の「地方に本体がある会社。」というのも非常に興味深いですね。東京出身のKさんならではの理由ではないでしょうか。
Kさん、インタビューの中で松本の本社に来る事を「帰る」と言っていたのが非常に印象的でした。
Tさん、Kさん、ありがとうございました。また、長野に帰って来て下さいね♪