トピックス

2018年新人成果発表の様子

今回は昨年12月に行われた新人成果発表会の様子をお伝えします。
2018年入社の新人4人に入社から12月までを振り返って貰い、 「自己紹介、OJT期間に実施した事」、「自分が成長できた事」、「今後に向けて」、「入社半年後の印象」という内容で、 先輩社員達が見守る中、今までの成果を発表して頂きました。

2018_seika_01.jpg
2018_seika_01.jpg
kさん。
1.OJT期間に実施した事

議事録の作成、社内システム開発、各プロジェクトへの参加、工数管理システムを独自に開発、現在も使用中。

2.成長できた事

自分が一番自覚として芽生えたのは「責任」です。
業務でインシデントを起こした事があり、責任の重さを理解する事が出来ました。 そういう自覚が芽生える中で、お客様だけでなく周囲や会社全体にも悲しい思いをして欲しくない。 自分のミスには正直に正面から向き合いたいと言う感情が出てくるようになりました。

2.今後に向けて

お客様が安心できる人材、職場に欠かせない人材になりたいと思います。
専門的な技術だけでなく、お客様の業務知識も身につけ、お客様がネクストリンクスのファンになってくれるような提案を出来るようになりたいと思います。

3.入社半年後の印象

  • 先輩方が優しく、指導が丁寧です。個性的な先輩も多く、お菓子もプレゼントして下さるので(笑)仕事だけれど楽しいなぁ♪と感じます。
  • 交流のあるイベントがとても多いなと思いました。納涼祭では自分で企画もできたので、一味違った愉しみ方が出来ました。
  • 人材育成のサポートが充実していて、自分の評価がとてもしやすい会社だと思いました。動画研修やスマホで学習が行えるので自分のペースで学習でき、自分のスキルアップにつながると感じました。

先輩から
良い発表でした。明るく一生懸命頑張ってくれていると思いますが、時々、背伸びし過ぎて無理しているかな?と感じる時があります。 今までに成功が幾つかあると思うので、それは自分の中でちゃんと褒めてあげて下さい。少し気持ちが楽になると思います。
Nさん。
1.OJT期間に実施した事

プログラミング、インフラ関係の仕事、顧客へのプレゼン

2.成長できた事

  • 挑戦する事にとても前向きになりました。 挑戦する事で色々な事が体験が出来、それが楽しいと最近感じています。
    挑戦を成功させるためには力をつける必要があるので、動画研修やスマホを使った学習を行っています。
  • お客様に対してプレゼンを行ってきました。これが今回の発表の中では一番の成果だと思っています。
    プレゼンは数回経験していますが、回数を重ねる毎に徐々にスキルの向上を感じる事が出来ました。
    提案内容についても訴求ポイントも上手くアピールでき、お客様からも高評価を戴けました。
  • プレゼンの反省点としては、まだ知識が不足している為、より踏み込んだ議論に参加できなかった事です。 もっと勉強し力を蓄える必要を感じました。

3.今後に向けて

  • 今後も色々な事に挑戦して行きたいです。社内外を問わず、周りから必要とされる人間を目指したいと思っています。
  • 最初は不安になる事もあるんですが、色々な経験を積む中で力をつけ、自信に繋げていきたいと思っています。

4.入社半年後の印象

  • 頼れる先輩、優しい先輩が沢山いると思います。色々な場面で多くのの先輩にサポートして戴きました。
  • イベントが豊富で社員の交流が大切にされていると思いました。
    企画する側はとても大変だと納涼祭の企画で感じました。 大変でしたが凄く楽しかったです。
  • 色々な経験が出来て楽しいです。経験の中で出来ることが増えて行くので自分の中でも成長を感じます。

先輩から

N君を見て一番変わったなと思うのは、以前は「待ち状態」だったんですけど 最近自分から、経験したことが無い事でも「やらせてくれ」と自分から言ってくる。その姿勢が一番変わったなと思って見ています。

同じ部屋に居てインフラの案件を始めてからを仕事が楽しくやれているように見えるんですが、どういうところに遣り甲斐を感じますか?

Nさん:インフラって会社に必要不可欠な部分で、そんな大きい部分を任せて頂けているというのが凄く大きいです。

Mさん。
1.OJT期間に実施した事

Linux,viコマンドの学習、東京で基盤開発の業務に参加、現在は長野オフィスでイントラマートの開発に参加

2.成長できた事

  • 1つ目は「仕事の効率化」です。
    1つの作業で悩んでしまい、半日以上時間を掛けてしまった事があり、上司のアドバイスで2,3時間で解決する事が出来ました。 1人で長時間、悩まないように1人で考える時間を設定し、報告・相談を定期的に行いプロジェクトメンバーを巻き込んでアドバイスを貰う事にしました。 そうすることでより効率的に仕事を進める事が出来るようになりました。
  • 2つ目は「仕事に対する姿勢」です。
    最初は仕事に対して受動的で自分の仕事のみを考え、指示された事を機械的に行っていました。 作業目的を明確にしていなかったので、作業の方向性のズレに気づかずミスが発生してしまいました。 全体の流れや目的を知る事で必要な作業を提案したり、ミスが削減でき、作業の依頼、引継ぎをスムーズに行えるようになり、仕事に対して能動的に取り組めるようになりました。

3.今後に向けて

  • 今後は「あなたが居たからプロジェクトが成功したよ」と言われるようになりたいです。
  • 仕事への姿勢、生活態度でやる気を見せて信頼を勝ち取ります!!
  • 現在開発に携わっているイントラマートの資格を取得し、『イントラマートならMだ。』と社内でも何処に行っても言われるようになりたいと思います。

4.入社半年後の印象

  • 東京常駐の際に思ったのですが、定期的に会議やイベントに参加できたので仕事が違う人とも交流でき、情報共有が出来てありがたかったです。
    本社にいる期間より、常駐期間が長かったので改めてネクストリンクスの社員なんだと認識できました。
  • 会社のイベントでは面白い人が多く、とても楽しかったです。

先輩から

Q:今回参加したプロジェクトでインフラに対して思った事は?

Mさん:今までは専門学校では決められた範囲を勉強していれば良いという感じでしたが、 インフラ関係の仕事は幅が広く、1つの事を知る為にいくつ物の事が必要になってくるので 任された仕事の内容だけではなく、それに付随する内容も勉強しないといけないと感じるようになりました。

Q:インフラ(の仕事)は楽しかったですか?

Mさん:・・・・・・・・・・・はいっ。(一同:笑)

Yさん。
1.OJT期間に実施した事

C言語の学習、テストデータの作成、東京で機能設計~結合テストに参加、VBの共通検証の作業

2.成長できた事

  • 時間を細かく意識するようになりました。
    テストデータの作成時に想定した結果が出ず、長時間悩んだ末、OJTの方に質問するとこんなに時間を掛ける所ではなかった、早く聞けば良かったと思う事がありました。 作業時間を細かく記録して作業にかかった時間を把握するようにしました。 何分まで考えたら質問しようと予め決めてから調べる事で、必要以上に時間を使ってしまう事を削減できました。
  • 作業において注意力が増しました。
    設計書の作成時に、修正もれ、コピーミスがあり、指摘された箇所の修正に時間が掛かってしまった事がありました。
    「手順を統一するとミスが減る」とアドバイスを頂いたので、作業手順を定め、手順に沿って作業を行い、 チェックリストを作成し、目視で確認を取る工夫もしました。結果、設計書の修正が減り、作業の効率が良くなりました。
  • 目的を理解する事が重要であると学びました。
    単体テストの際に、ストの方法が解ったと思い作業を始めたのですが、事前準備の段階で誤解をしていて、単体テストをやり直した事がありました。 目的をきちんと汲み取れていれば事前準備を間違えることが無かったと感じました。
    対策として、方法だけではなく目的に関しても曖昧な点があればそれを伝えるよう心掛けています。
    指示や説明を受けている際に、つい「はい。」と言ってしまいがちなのですが、 「はい。」と言ってしまうと理解したと思われ、それ以上の情報が引き出せなくなってしまうので しっかり理解をしたという意味で「はい。」という言葉を使うように気をつけています。

3.今後に向けて

  • 検証作業の品質を守りつつ、見積もり時間内に作業を実施し、この品質を私が守るという責任を持って作業に取り組みます。
  • UiPath、証券外務員など他の勉強もしていこうと思っています。
  • 現在担当している作業だけの知識だけでなく、周りの知識も身につける事により、開発者、お客様など様々な視点で考えられる思考力のある人になろうと思います。
  • 私の強みはこれだと言える様に、現在の作業、開発の業務を極めて行こうと思います。

4.入社半年後の印象

  • 家族ぐるみのイベントが多く、家族の参加率が高いと思いました。 普段働いている姿しか見られない社員さんたちの「お父さん」な姿を見ることが出来、とても良い機会だと思っています。
  • 出張の際、社外の方から頂いた言葉で 「NLSの方に急遽お願いした時に、短時間で完璧なものを作ってくれた。NLSには素敵な人、格好いい仕事ぶりの人がたくさんいる。そんな人達と働いているのが羨ましい」と言って頂きました。 自分の事を言われている訳ではないのですが、会社の事も褒められると嬉しいんだと感じました。

先輩から

当初から非常に優秀で、新人だったらこれ位かかるだろうと、当時の自分を思い出しながらスケジュールを引いたんですけど、 そのスケジュールをことごとく前倒しして頂いて(笑)非常に助かりました。

東京でお客さんと一緒に仕事をしてどんな印象を受けましたか?

Yさん:人数が少なかった事もあるのですが、思ったよりも壁が無く チーム力(りょく)みたいな物を感じて、社外という感じがあまりしませんでした。

以上、新人さん達の成果発表の様子でした。
僅か8ヶ月ですが、各々いろいろな経験を積み、大きく成長してくれたのではないでしょうか。
親の(ような)目線、師の目線、兄・姉の(ような)視線など、たくさんの温かい目が四人に注がれた発表会でした。
新人の皆さん、これからの活躍と成長に期待しています!!