トピックス

入社1年を振り返って ~2018年度入社の社員にインタビュー~

ネクストリンクスでは今年度も新しい仲間をを迎える事ができました。
今回は2018年度入社の皆さんに1年を振り返っての感想をお聞きしました。
newfaceH29.JPG
━━入社して一番苦労した事は?
Nさん:
入社したての頃の話ですが、分からない事だらけの中で、余裕があまり持てず、 そんな中で自分のやる仕事が複数になった時など、ちょっと仕事が増えただけでも頭がいっぱいいっぱいになってしまうことがあって苦労しました。
Kさん:自分のペースを掴むことが大変だったなと思います。
最初は慣れない事が多かったので、自分でも気付かない内に体調を崩してしまい、生産性が落ちてしまった事もあったので 自分の中で一日これをやるっていう明確な基準を作るのが大変だったと思います。
Yさん:「納期に間に合わせる」という事が一番苦労しました。 作業手順のメモを見ながらの作業で余分に時間が掛かってしまう場合もあって、 納品日に間に合わせるというところは今も苦労している点です。
Mさん:6月から約半年間東京出張していた際が苦労しました。 初めての東京、初めての一人暮らし、初めての職場、と初めて尽くしの環境での仕事でした。
監視アプリの設定を担当しましたが、一年目でここまで忙しいのかと思うこともあり、半年でしたがあっという間でした。 他にも様々な経験をすることができ苦労もありましたがその分大きく成長ができたと思います。
━━入社して一番うれしかった事は?
Yさん:
私が居るフロアでは新人は私1人だけなんですが、私が忙しそうにしていると、 先輩方が業務が集中していることを気にして下さって、付箋で「大丈夫?」「ありがとう」「いっぱい・いっぱいになってない?」とか メッセージを送って下さったり―と、気を使って下さるところがとても嬉しかったです。
Nさん:お客様から直接感謝の言葉を戴けた事が一番嬉しかったです。
下期に入ってからインフラの仕事を担当する事になり客先に訪問する機会が増えました。
ある時、自分一人で客先のトラブル対応をする事になり、不安もあったのですが 何とか自分ひとりで解決する事が出来て、止まっていたお客様の業務を自分が再開させる事が出来た時は凄く嬉しかったです。
Mさん:東京出張の際に契約が終了する日に職場の違う方がわざわざ電話をかけて来て下さって、
「君がいてくれて本当に助かったよ。ありがとう」と言って頂けた事です。
私は判らない事だらけで上司に頼ることが多く、プロジェクトに貢献できていた自信がなかったのですが、 その一言で少しは貢献できていたんだなと自信を持つ事ができました。
Kさん:嬉しかったことを色々振り返って考えていたんですけれど自分の中でなくて・・・。(満面の笑み)
業務に追いついて行くのに必死だった部分があったので、正直に言うとこの1年は「これが凄く嬉しかった。」と言える明確な出来事はまだないです。
──Kさん、満面の素敵な笑顔で話し初めてくれたので「どんな良いことが~」って期待しちゃいました(一同:笑)
━━この1年で「成長した」「ここが変わった」と思える部分は?
Kさん:
この一年はC#での開発、保守とデスクワークが殆どでした。
開発言語でモノを作る際のロジックが、少しずつですけど、自分の中ですぐに「これだ!」という答えが見つけられる様になったのが成長できた所だと思います。
Nさん:「成長した」と思える部分は、様々な業務を経験する中で色々な人からの問い合わせに対し、自分の力だけで答える事が出来るようになったという点です。
「変わった」と思う点は時間の使い方が変わったと思います。
学生時代は、たくさん時間があったのでダラダラと休日を過ごす事ともあったんですが、社会人になると時間も限られてくるので休日もダラダラ...と言うよりは有効活用しよう!!言う考え方に変わってきました。
Yさん:「時間が足りないな」と感じるようになりました。週に1回、証券外務員の勉強会があり、勉強会で課題が出される事もあるので、 課題をやるために生活の中でも時間を意識し、「○○○の時間の為に、ここは削ろう...。」と言うように時間の感覚が大きく変わりました。
Mさん:今までは一つの物事に集中して取り組むタイプだったのですが、最近は一度立ち止まって自分の作業を見つめ直したり 目的やプロジェクトからして何が必要なのかを考える事が出来るようになりました。 目の前の仕事だけではなく客観的に先の事を考えられるようになりました。
━━「3年後」の自分はどうなっていると思いますか?
または、どうなっていたいですか?
Mさん:
現在取り組んでいるイントラマートの仕事や、勉強を通して学ぶ事で「この仕事ならM君に!」と言われるようになってると思います!!

資格もどんどん取得していきたいです。資格があれば仕事ができるという意味ではないですが、成長の証として資格を取得していきたいです。
Nさん:周りから頼りにされる存在、お客様にお役立ちの提案が出来るようになりたいなと思います。
今はまだ仕事に慣れていないという事もあって、与えられた仕事をこなす事に精一杯ですけども、
もっと色々な経験や体験を積み力を付け、行くゆくは、お客様から頼まれた仕事+αの仕事が出来るようになれたら良いなと思っています。
Kさん:今は開発業務が多いのですが、開発業務の中でもただソースを組んで行くのではなく、 開発環境の構築であったり、一番最初の柱から自分で組んで行ける様になりたいと思っています。
今はソースを組むのが楽しいので、その「楽しい」を「得意」と言える様になって、
「Kさんだから頼みます。」と言われる人材になりたいと思っています。
Yさん:今使っている検証用のツールで、毎回、想定外の動作をしてしまう部分があって 「仕方がない」と思って遣り過ごしていたんですが、最近、先輩にその解決方法を教えて頂いたという事がありまして、 そういう部分も自分で気付いて改善出来るように、 3年後と言わず3年以内ぐらいには自分で工夫してもっと効率良く作業が出来るようにして行きたいと思います。
━━これからネクストリンクスに入って来る皆さんに一言。
Nさん:
最初、慣れるまでは大変だと思う事もあるかも知れませんが、 色々な仕事を経験していく中で出来る事が増えていって楽しくなると思います!! 最初は失敗も当たり前の事で、失敗から学べる事も沢山あると思いますので、どんどん積極的にチャレンジして欲しいと思います。
自分もまだ失敗するので(笑)僕と一緒に頑張って行きましょう。
Kさん:
この業界は「モノを作る」というイメージが強いと思いますが、開発以外にも営業職など、 IT業界の中でも多くの職種があるので最初は不安に思うかも知れませんが、必ずその中で「これは出来るぞ!!」っていう物が見つかると思います。
Yさん:
同期の中で私だけ、言語やデータベースに触れて来なかったので、どうなるんだろう...。と思っていたんですけれど、 先輩方が気に掛けて下さるので、判らないことは色々と訊けますし、先輩方も声を掛けて下さるので安心して(笑)来て頂ければと思います。
Mさん:
本当に楽しい人が多くにぎやかな会社だと思います。
そして仕事に対する姿勢は真剣で熱い人達ばかりです。そんな先輩達と仕事ができて成長できるのでぜひ一緒に頑張りましょう。
以上、2018年度入社の社員の皆さんに1年を振り返って頂き、お話を伺いました。
同期とは言え、四者四様で色々な職場で色々な経験、時には失敗を経て一回り大きく成長してくれたと思います。
「入社して一番うれしかった事は?」という問いに、満面の笑みで「まだ見つからない」と答えてくれたKさん。
(本当に凄く素敵な笑顔で答えてくれました(笑))
「まだ見つからない」との回答でしたが『今はソースを組むのが楽しいので、「楽しい」を「得意」と言える様になって・・・』
―と話してくれた姿がとても印象的でした。

2018年度入社の皆さん、今度は先輩社員として頑張って下さい!!